√3

アクセスカウンタ

zoom RSS パッドがみつかりません

<<   作成日時 : 2007/11/10 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


でもね、「ハルヒ好きキモい」とか言ってる奴らこそハルヒ読むべきだと思うんですよ。
俺はハルヒ信者だとかハルヒに限った話じゃないですけどね。

いわゆる「食わず嫌い」とほぼ同じ原理だね、でも本来の食わず嫌いと異なる部分があるんですよ。
例えばしいたけを食わず嫌いしてる人がしいたけにチャレンジしても
食べてる本人は「しいたけを食べてる自分の姿」は別に気にならないじゃないですか。しいたけの好き嫌いは個人差ですからね。

でもハルヒだったら?ハルヒを嫌ってる人が試しにハルヒを読んでみる。薦められたとかそんなのはどうでもいいですけど。
読んでる最中に周りの目が気になりだして。「うっわアイツハルヒ読んでるよ」とか言われてんのかななんて。
そう思ってた時期が俺にもありました、と。
そこで一応読み終えて面白いと思えば「ハルヒはキモくない」になるし、思わなければならないで終わりますよね。

ハルヒは“一般的”に言えばヲタクの読むものであるから、自然と「ハルヒ読んでる=ヲタク」の方程式が立ってしまうんですよね。
(“一般的”というのはいわゆる「普通」の人のことです。何をもって「普通」と称するかはまた別の話。)
ヲタクってのもまた“一般的”に解釈した場合です。俺は別にヲタクはキモいとか思ってないっていうのもまた別の話。

ハルヒを読もうとする人が少ないのもハルヒ=ヲタク=キモいが定着してしまってるからなんですね。
読んだ時点で周りから見ればヲタク決定ですから、一般人の輪に入っていたならば急に疎外感を感じるんですね。

お、だからいじめられてた人とかハブられてた人とかがヲタクになりやすい傾向があるんですかね?
だからヲタク=キモいが成り立ったわけですか。なるほど。

…話が反れました(駄
人の輪から外れる、つながりがなくなるっていうのを極端に嫌がりますから。日本人は。
でも何故そんな遺伝的人種文化をもつ日本でここまで「ヲタク文化」が流行ったのか?
その理由はこうだと思います。

【アニメ・ラノベ等のレベルが高かった】

からだ、と思います。
「レベル」っていうのはクオリティとか、芸術性とか面白さ、なんかで置き換えられます。

でももちろん流行に乗らない人だっているわけですよ。ヲタク以外の人たちですけどね。
つまり日本が「ヲタク」「ヲタクじゃない」に分かれます。「日本が」なんて大それた話ですねw
「ヲタクじゃない」人たちは何故かヲタク叩きを繰り返し、「ヲタク」はDQNとかスイーツ(笑)とかで煽る。
ヲタク叩きをする理由は「ヲタク」の俺にはわかりません。知る必要も無いですけどね。
あ、ここで「ヲタク叩き」とスイーツ(笑)は正反対じゃないですよ。
「ヲタク叩き」に対してのスイーツ(笑)かも知れませんが、これらは方向性の全く関連してない、ただ一方的な攻撃です。

ヲタク側にはケータイ小説(笑)とか挙げればキリないですけどこれもまた別の話。



以上、本日の妄想でした。

こういう思考回路はおもにココから取り揃えております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんでいまさらハルヒ・・・?
谷口かわいいよ谷口ww
870
2007/11/11 08:37
コメントありがとだぜ
あれだ、ハルヒに限った話じゃないんだけど
ヲタク文化の中で一番有名なのがハルヒかな、と思ってな
ほぺ
2007/11/11 12:07
序盤に書いてあることが全て俺に当てはまるwwwwwww
まるし
2007/11/11 20:13
コメントさんくす
要するに勝手に決め付けるなってことだ^^
hope
2007/11/11 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
パッドがみつかりません √3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる