バクマン。#7 / NARUTO #50


久しぶりにサザーランドを聴いているのですがこれハマりますね。
カラオケで歌いたいしっとりソング(仮)に入りましたw





バクマン。#7 の話。

『友情』 『努力』 『勝利』


序盤は“いかに連載させるか”、に執着している気がして
読んでて(心理的に)苦しい場面が多かったですね。

このマンガのテーマである『編集』者である相田さんに言われたんでしょうか、
後半の動物園~蒼樹嬢の流れはすごく楽しいですねw偉そうに言って申し訳ないです。

葛藤を描くとどうしても長くなってしまう、というのはなんだか分かる気がします。
一度悩み始めるとどんどんと考え続いてしまって止まらない!
いや、実際には

 こおってしまって うごかない!

の方が近いでしょうかね。先に進まない。


そういう意味で、
編集部、というのは 起爆剤のような存在なのでしょう。
うまいこと言った。

相変わらず中井さんはいいキャラしてますね。石沢は氏ね(^p^)





NARUTO #50 の話。


なんていうか、俺は サブキャラの活躍 が燃えるポイントみたいです。

NARUTOに限った話じゃないんだけど、主人公の新技より仲間のアクションに気を撮られるタイプです笑。
溶遁・沸遁・塵遁なんて脳汁ただれ出ますよね。

鷹が暴れてたり、長門やイタチがらみのごたごたが終わって、さぁ決着だ!という巻。

鬼鮫が実は凄く強くて、でもそれ以上に兄弟が強くて第四次忍界対戦も面白くなってきそう!
それにしてもダブルラリアットって。





さて、ふとワンピースを全買いしようと思って、先にSBRを集めようと思って、
財布の中身を確認したら 上の2冊しか買えませんでした、という話でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック